ドイツからのエアメールの切手代が高かった話(泣)ドイツ3日目②

ドイツ

2015年5月16日(土)
2015年当時ドイツから出すエアメールの切手代は0.8€だった。
*2018年現在は0.9€。

私が買ったとゆうか、買わされた切手はいくらだったと思います???
3.45€!!だったんですよ…ヾ(:3ヾ∠)_

そんな高い切手を買わされた話しをしていきたい(笑)

スポンサーリンク

ベルリン駅までゴー

アレクサンダープラッツ駅からSバーンでベルリン駅に移動。
Sバーンはベルリンウェルカムカードが使えるよ!

まだ切符の検札に会ってないよ(笑)

ベルリン駅到着!

アレクサンダープラッツ駅からベルリン駅までは6分程。
あっとゆーま!



べルリン駅広いね!
海外の駅って好きやー。



ベルリン駅構内をウロウロ。



ベルリン駅にいたクマ。

カラフルや(笑)


ベルリン駅の外にも出てみる。


今日は天気が今ひとつΣ(´д`)


スズメもいた。

日本のスズメとはちょっと違う感じがする。

ドイツのポストは黄色

ベルリン駅にあったポスト。

ドイツのポストは黄色。

郵便屋さんのチャリ。

チャリも黄色やで。

ベルリン駅で買った切手のこと

さて、エアメールの切手の話だが、私はベルリン駅の中のお店で切手を買った。

ポストカード3枚分の切手を買った。
私の買ったポストカードは正方形のやつだった。
前のブログにも載せた写真だが、このポストカードだ。



ポストカードの大きは14×14センチ。


3.45ユーロの切手(泣…

切手を買う時にお店のおばちゃんに、ポストカードを見せながら、『スタンプ、インターナショナル』と英語で言った。
そしたら店のおばちゃんが、ポストカード3枚に切手をパンパンパンパンパン!!!と、貼ったのだ。

頼んでもないのに勝手に切手を貼った。

機嫌が悪かったのか、ちょっと顔が怒りモード(笑)・・

で、3.45×3枚分の切手代10.35€を請求された(涙)

これがその時のレシート(つД`)

貼られた実際の切手

3.45€の切手(つД`)

この切手代が正規なのか??謎だ。
3.45€分の貼られた切手を見て、なんか高いな・・・と、思いながら反論もできずポストに投函した。

ハガキのサイズ(14×14センチ)のせいなのか?
はっきりとよく分からないままΣ(´д`)

ドイツ郵便局のサイトから切手代を調べる

ドイツからエアメールを送る場合について調べたみた。
2018年現在エアメールの値段は0.9€

ドイツの郵便局のホームページがこちら。
参考Deutsche Post

切手代はいくらか?調べ方①

ドイツ語がわからなくても絵でなんとなくわかると思う。

『Postkarte(ハガキ)』の場合

①開くとまずこの画面が出てくる。



②国名で『Japan』を選択。



③『Japan』をクリック。



④『Postkarte(ハガキ)』をクリック。



⑤『Postkarte(ハガキ)』の値段が出てくる。
赤枠のところには、サイズと重さの表示。
Länge、Breiteのところはハガキのサイズ(横、縦)が書いてある。
Gewichtは重さ。

Paket/Päckchen(小包)の場合

ハガキと同じ要領で調べる事が出来る。



値段が出てくる。


切手代はいくらか?調べ方②

こっちのところからも値段の検索ができる。
ドイツ郵便局のホームページがこちら
参考Deutsche Post

『Postkarte(ハガキ)』の場合

①クリックするとこの画面になる。
クリックして国名を選択する。



②『Japan』をクリックする。



③赤枠のところをクリックして、種類を選ぶ。



④『Postkarte(ハガキ)』をクリック。



⑥『Postkarte(ハガキ)』の値段が出てくる。


手紙(封筒)類の料金

このページには、ハガキの他に手紙(封筒)類についての料金も書いてある。
重さ、サイズによって値段が変わってくる。
赤枠のところが値段の一覧。



サイズと重さが書いてある。



拡大したのがこちら。



ちなみに、高い切手代になったのはこのベルリンで買った3枚だけだった。
他からは送ったエアメールは、0.8€の切手でいけた(笑)


ドイツからのエアメールの書き方について

赤字でこれを書くだけ!

書き方は簡単。

『LUFT POST』『JAPAN』
または、
『AIR MAIL』『JAPAN』と赤字で書く。
※小文字でも可。
そして、日本の住所を日本語で書く。

これだけで大丈夫だ。問題ない。
赤字で書く方が、わかってもらいやすい。
『LUFT POST』『AIR MAIL』『JAPAN』と3つ書いたこともあった(笑)
念には念をな感じで!

これだ(笑)

高い切手代になった、ベルリンから送ったやつだ。

エアメール書き方の例

これでちゃんと日本に届くよ!!!

青色のところは、日本の住所を日本語で書く
こんな感じで書いてポストに投函する。
投函して、1週間〜10日くらいで日本に届く。

ドイツからのエアメールの消印について

ドイツから送ったエアメールで、消印の可愛いのがあったので紹介したい。

フランクフルトの消印

フランクフルトから送ったエアメールの消印には、パンダがついていた。

薄くなっていて分かりにくいが、パンダがいる。
フランクフルトから友人にエアメールを送ったのだが、その人がパンダ好きの人であったため、これは大変喜ばれた。

ブレーメンの消印

ブレーメンから送ったエアメール。
消印には、ブレーメンの音楽隊がいるのだ!!(∩´∀`)∩

たまらんくらいに可愛い。
またブレーメンからエアメールを送りたい!!と、さえ思う(笑)

その他の消印

他のドイツの消印は普通のやつだった。
しかも薄いの多かった(笑)
これはまだ濃いやつだ。




エアメールはいい記念になる。
皆さんもぜひ自分宛に送って欲しいと思う。

次は早速お土産を買いに行きますよ!

〜2015年ドイツ旅・つづく〜

コメント