【友ヶ島の旅①〜行き方編〜】朝4時起きで行ってきた!

日本

2016年11月4日(金)
ラピュタを思わせる島、友ヶ島に行ってきたのは2016年の秋の事。

はっきりと覚えていないが、2015年の秋か冬くらいに、テレビで友ヶ島の事をやっていたのだ。
その放送を見て友ヶ島の事を知り、友ヶ島に行きたい熱が出てしまった(笑)

それまでは、全く友ヶ島のことを知らなかった。


そんな友ヶ島に朝4時起きで行った時の話。
今回は主に友ヶ島への行き方について書いてみた。

こちらの記事もよかったら見てください((*´∀`*))




スポンサーリンク

友ヶ島とは

友ヶ島は和歌山県にある無人島の島である。

和歌山県北西加太沖の、
沖ノ島(おきのしま)
地の島(じのしま)
虎島(とらじま)
神島(かみじま)
の、4島を総称して友ヶ島と呼んでいる。
ラピュタの島と言われてるのは、沖ノ島のことである。

上記地図のピンクの丸が、南海電鉄 加太駅。

友ヶ島の歴史について(ウキペディアより参照)

明治時代に旧日本軍により、外国艦隊の大阪湾への進入を防ぐ目的で、沖ノ島内5箇所と虎島に砲台や防備衛所が造られた。
第二次世界大戦までは要塞施設として一般人の立入は禁止され、当時の地図や地形図にも白く塗りつぶされて記載されなかった。

島内の遊歩道に道幅の広い部分が多いのは、砲台などへ通じる軍用道路として開削されたためである。
後の第二次世界大戦は航空戦主体となり、対艦用に造られた砲台は使用されることのないまま終戦を迎えた。
戦後は友ヶ島全体が瀬戸内海国立公園に指定された為、終戦時に爆破処分された第2砲台以外は軍事施設跡が比較的良好な状態で残っている


友ヶ島への行き方

まずは加太港を目指そう

電車、車ともに最終的には加太港(かだこう)を目指せば友ヶ島に行ける。
加太港に行くまでのルートが電車、車で違ってくるわけである

私は車持ってないので、もちろん電車だ*\(^o^)/*

電車の場合

簡単に説明すると、南海加太駅下車、そこから歩いて加太港に行く(タクシーで行ってもよし)
加太駅から加太港までは、歩いて20分くらいなので歩いて行ってもいいと思う。

そして、加太港から船に乗って友ヶ島到着という流れになる。

船は友ヶ島汽船という会社だ。
参考友ヶ島汽船のサイト

大阪方面から来る場合、電車は南海電車を利用する。
まず、和歌山市駅まで行き、南海加太線に乗り換えて、加太駅まで行く。

加太駅は終点の駅。
乗り過ごす事はないので安心だ。

【大阪からの場合】

こおゆう流れで、加太駅(かだえき)まで行く事になる。
時間を見てわかるように、この日私は4時起きだったヽ(;´Д`)ノ

電車で移動中眠くて仕方なかった(笑)


車の場合



これを参考にしてもらいたい。


駐車場のこと

加太港の近くに駐車場がある。

1日700円で利用できる。
私が行った時は駐車場はガラガラだった。


新今宮駅→加太駅へ移動

新今宮で南海電車に乗り換え。


6:17発の電車に乗る。
実は南海電車、初めて乗る(笑)



新今宮→和歌山市駅までは約1時間くらい。
7:17 和歌山市駅に到着。

乗り換えまで5分しかないので急いで移動。

南海加太線に乗り換える。

『加太さかな線』というのは、紀ノ川駅~加太駅を結ぶ南海電鉄加太線の愛称。


7:22発の電車。

なんとか乗り換えにも間に合った。

加太駅に到着


『めでたいでんしゃ』、『加太』、と書かれたのが目にとまる。


『めでたいでんしゃ』とは

『めでたいでんしゃ』、初めて聞いた(笑)
『めでたいでんしゃ』とはなんぞや( ゚Д゚)?

『めでたいでんしゃ』とは、加太の海の幸「鯛」を電車に描いた電車のこと。


座席やつり革などにも鯛が描かれているのだ。
めでたいでんしゃ

名前からして縁起がいい。めでたい感満載や!

『めでたいでんしゃ』の運行情報

結果として、私は行きも帰りも『めでたいでんしゃ』には乗れなかった(つД`)
こちらに、めでたい電車の運行時刻が書いてある。

めでたい電車の運行時刻は、PDFに載っている。
参考めでたい電車のサイト


めでたい電車に乗ってみたいという方は、事前に調べておくといい。
『めでたいでんしゃ』のオリジナルグッズもあるようだ。
売ってるところは、加太駅・難波駅2階サービスセンター。


加太駅にあったドイツ製のもの

加太駅のホームにあったこれ。

ここでもドイツを感じられて嬉しい限り。
思わず触りましたよ(笑)


加太駅→加太港へ徒歩で移動

加太駅を出て、歩いて加太港に向かった。
駅長さんが電車が出発すること知らせている。


加太駅から加太港までは川沿いを歩いていくと、迷わず行けると思う。
私は、赤矢印の川沿いを歩いて加太港まで行った。


こんな川沿いの住宅街を歩いて行く。


ずんずん歩いて行くと、赤い色の加太大橋が見えてくる。


加太大橋の街灯。
ここから既にラピュタ感ある(笑)


加太大橋を横から見たところ。


加太港到着

加太大橋を渡り終わったところに、友ヶ島汽船乗り場の案内の看板がある。
この看板のところの階段を下に降りる。


階段を降りたらちょうど加太大橋の下のところ。

このまま加太大橋の下をくぐりまっすぐ進むと、友ヶ島汽船のチケット売り場がある。


橋の下を進むと、ここに出る。


まだ時間が早かったので、チケット売り場が開いてなかった。

着いたのは8:20くらいだった。


いちおトイレもある。

この手前の建物の奥あたり…
真ん中の電信柱のとこらへん…

ここ!!
御手洗と看板があるところ…

赤矢印を進むとトイレがあるのだが…
ただ、このトイレ…入るのにすごく勇気がいる(笑)

入るのをためらうくらいのトイレなのだ(笑)…((((;゚Д゚)))

友ヶ島にもトイレはあるのだが数が少ないので、出来る時にトイレは済ませとくのがよい。
私も尿意には勝てず、このトイレで用を足したのであった(‘A`)

友ヶ島汽船の時刻表

時期によって異なる。

3/1〜11/30

通常時

・GW、夏休み期間を除く

便加太港発友ヶ島発
1便9:009:30
2便11:0011:30
3便13:0013:30
4便16:0016:30



GW、夏休み期間

・4/29〜5/5、7/20〜8/31

便加太港発友ヶ島発
1便9:009:30
2便10:0010:30
3便11:0011:30
4便13:0013:30
5便15:0015:30
6便16:0016:30


12/1〜2月末日

・土曜日、日曜日、祝日のみ運航
・年末年始は休み(12/29〜1/3)

便加太港発友ヶ島発
1便9:009:30
2便11:0011:30
3便13:0013:30
4便16:0016:30



友ヶ島汽船の運休日

それぞれの期間によって運休日が異なる。
また、運休日が祝日となる場合は運航予定。
天候不良の日は、欠航となる。

 期間 運休日  ※備考 
3/1〜11/30

・水曜日

※水曜が祝日の場合は運航
※繁忙期は運行

12/1〜2月末日

・平日
・12/29〜1/3

※土曜・日曜・祝日のみ運航

 

友ヶ島汽船の運賃・所要時間などについて

運賃

・大人往復:2,000円(※2016年)
・小人往復:1,000円(※2016年)

2022年の値段は
・大人往復:2,100円
・小人往復:1,100円


所要時間

加太港⇄友ヶ島までの所要時間は、約20分。

その他

手荷物について

手荷物は、1人1個まで無料。
自転車などは800円。

【荷物運賃表】


船の定員について

船の定員は100名。
定員を超えると次の便の船になってしまうので、早めに行くのがいいと思う。

乗船券について

前日予約は行なっていない。
座席指定はなし。
繁忙期は早々に配布完了する場合もある。

当日の運行情報など、詳しい事は友ヶ島汽船のサイトに詳しく書いてある。
参考友ヶ島汽船のサイト


友ヶ島の出発までもうすぐ

チケット売り場も開き乗船券を買った。

往復で2,000円(※2016年)

友ヶ島のパンフをもらっとこ

チケット売り場のところに友ヶ島のパンフがあるので、もらっておくといい。

友ヶ島の島内散策マップや、船の時刻表などが書いてあり重宝する。

こちらが、友ヶ島パンプレットPDFになる。
船の時刻表、駐車場・交通の案内などが詳しく書いてある。
参考友ヶ島パンプレットPDF


パンフレットにある友ヶ島散策マップ

紙の地図は何かと便利。

友ヶ島散策マップPDF

PDFをスマホに入れておくのもいい。
参考友ヶ島散策マップPDF


<注意>友ヶ島には売店がない

友ヶ島には売店がないので、加太港に着くまでに前もって、飲み物、食べ物を買っておく必要がある。
もし、買い忘れてしまっても加太港のチケット売り場の隣には売店があるので安心だ。


チケット売り場の隣にある売店。

お菓子に懐中電灯、虫除けスプレーも売っている。
私はコンビニで、おにぎりとペットボトルのお茶を買って持参した。


待合いの所にあった可愛い看板

うさぎさん((´艸`*))

この看板萌え萌えでしたわ♡
加太へ来たなら友ヶ島へ行こう


行くで(笑)!!!(∩´∀`)∩

次は、いよいよ友ヶ島に到着!!友ヶ島を散策するよー!!

〜2016年友ヶ島の旅・つづく〜

コメント

  1. よう子 より:

    11/5に行く予定です。
    とても参考になりました。
    天候に恵まれ、無事に到着して島を満喫したいです!

    • Avatar photoちっち より:

      よう子様、初めまして。
      11/5に行かれるとの事、友ヶ島いっぱい楽しんで来てくださいね。
      いいお天気になりますように。
      どうぞお気をつけて。

      ブログ読んで頂きありがとうございます。

  2. より:

    非常に読みやすく、必要な情報がぜんぶちゃんと簡潔に的確に載せてあって、友ヶ島行ってきたブログの中で最も好ましい。
    ページのレイアウトも、目次といいフォントといい文章といい、大変優秀で感銘。

    • Avatar photoちっち より:

      C様、初めまして。
      お褒めの言葉も大変嬉しく思っております。
      役に立てれるようなブログを書けるようまた頑張りたいです。
      ブログ読んで頂きありがとうございました。